大会・試合

match
headline
サイトマップ
2017年度

第21回NHK杯・熊本県サッカー選手権大会
(第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会代表決定戦)

開催期間 2017/03/26~2017/04/02
会場 大津町運動公園球技場、嘉島町総合運動公園
関連ファイル 要項
組合せ
結果
結果 優勝:熊本県教員蹴友団
準優勝:東海大学熊本

熊本県教員蹴友団が3年ぶりにNHK杯優勝(4/3掲載)

4月2日(日)13:00より大津町運動公園球技場にて第2回NHK熊本県サッカー選手権大会の決勝戦が行われ、熊本県教員蹴友団が昨年のリベンジを果たし、3年ぶりの栄冠をものにした。
試合は、序盤より総合力でまさる東海大学熊本のペースで進行するが、前半39分、中盤でロングボールで右サイドの49番MFの小野選手が東海大ディフェンスをかわし中央へクロスを上げ、左サイドのDF上野選手が右足であわせ先制点を獲得。
後半戦も同様の東海大ペースで何度も教員陣地で攻撃の渦ではあるが決定機に恵まれず、約3倍のシュート本数を放つが、そのまま試合終了。虎の子の1点を守りきった。
優勝した熊本県教員蹴友団は、4月23日(日)熊本市のえがお健康スタジアムで熊本県代表として島根県代表チームと第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦を戦う。キックオフは19:00

IMG_4622.JPG
(試合に先立ち、両チームキャプテンによる「リスペクト宣言」を行いました。)

IMG_4677.JPG
(NHK杯が山下局長から贈呈される)

IMG_4688.JPG
(優勝した教員団チームのスタッフ・選手)


決勝戦は2年連続の対戦決定(3/28掲載)


第21回NHK杯・熊本県サッカー選手権大会の準決勝が3月26日(日)嘉島町運動公園でとり行われました。1試合目の東海大学熊本vsダイナマイツ八代は、バランスを保ちながら攻撃と守備の多彩な東海大熊本が終始ゲームをコントロールし前半2点、後半2点を積み上げ勝利した。
2試合目の熊本県教員蹴友団vs熊本学園大学は、お互い攻守の切り替えが早く、緊張感のあるゲーム内容で進行するも、学園大の一瞬の隙をチャンスに代え、中央からのロングボールをMF鈴木田がトラップからの切り替えた体勢で左足を振りぬき、決勝点となった。
勝利した2チームは、昨年と同じカードとなり学生代表と社会人代表の戦いとして4月2日(日)大津町運動公園球技場にて、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会の熊本県代表の座をかけて対戦します。
IMG_4574.JPG
(ダイナマイツ八代先発メンバー)

IMG_4576.JPG
(東海大学熊本先発メンバー)

IMG_4584.JPG
(八代ダイナマイツのゴール前で怒涛の東海大学攻撃陣(黄色×黒))

IMG_4587.JPG
(熊本県教員蹴友団先発メンバー)

IMG_4589.JPG
(熊本学園大学先発メンバー)

IMG_4596.JPG
(八代ダイナマイツのゴール前で怒涛の東海大学攻撃陣(黄色×黒))

会長ブログ

一覧