トピックス topics
headline
サイトマップ
種別

【報告】熊本グリーンプロジェクト

【打ち合わせを行いました】

DSC_0708.JPG 日時:6月26日(月)
場所:熊本市
「コメント」
熊本グリーンプロジェクト第2弾として、園庭への植え付けを行います。本日、そのための打ち合わせをほくぶ幼稚園で行いました。約1000平方メートルの園庭を緑化していく計画です。園庭がグリーンに変わり、その上をはだしで駆け回る子どもたちの姿を夢見て、頑張っていきたいと思います。

【太鼓判をもらいました】

DSC_1395.JPG 日時:6月22日(木)
場所:菊池市
「コメント」
昨日、素人判断で芝生が枯れている原因をバッタの食害としたのですが、どうしても心配です。これまで、芝生の病気に関しては、全く経験がないため最終的な判断ができずにいました。そこで、芝生1ケースを知り合いの芝業者さんのところに持って行き、みてもらいました。業者さんが言われるには、「今までティフトン系芝の病気は、見たことがない。枯れる原因は、ほとんどが害虫ですよ。丈夫に育っている。」とのことでした。専門家にみてもらい、やっと安心できました。

【もしかして病気?】

DSC_1384.JPG 日時:6月21日(水)
場所:菊池市
「コメント」
富合グラウンドに出荷した残り400ケース(10,000株)が、出荷の時を待っています。昨日の雨で、さぞ元気になっただろうと見に行くと、一部が枯れてきています。枯れている茎を引っ張ると、根元のほうからすっぽり抜けてしまいます。(写真)もしや病気・・・?しかし周りをよく見ると、小さなバッタが飛び跳ねています。なるほど、これで納得。出荷を待つ間に茎が伸びすぎて、バッタのえさになってしまったのです。そこで、さっそく刈り払機を持ち出し、サッカー場並みの20ミリカットを行いました。これで、バッタの食害も大丈夫だと思います。

【待望の雨です!!】

DSC_1382.JPG 日時:6月20日(火)
場所:熊本市
「コメント」
富合のグラウンドに、11日(日)に植え付けをして以来、全く雨が降りませんでした。この間、地域の方たちに水かけをお世話になり、生長へのパワーを蓄えてきた芝生たち。この雨で、一気に生長へのスイッチが入るものと思います。待望の雨水を受けて、元気に育っていってほしいと思います。

【来年度に向けて種まき】

DSC_0680.JPG 日時:6月20日(火)
場所:嘉島町
「コメント」
提供をいただいた嘉島町の畑に、来年度に向けてバミューダグラスの種まきをしました。サッカー場に植えてあるティフトンに一番近い品種です。今日は、試しに50平方メートルに直蒔きをしました。これまでは、ポットに蒔いていましたので、新しい方法に挑戦です。2週間後くらいには、小さな芽が出てくると思います。そして最終的には、ここの畑全面を芝生畑にしていこうと思います。

【乗用芝刈機、初稼働です!】

DSC_0663.JPG 日時:6月19日(月)
場所:熊本市
「コメント」
熊本市のサッカーチームからの依頼を受け、乗用芝刈機の初稼働です。チームの方の話によると、毎回刈り払機を使い、かなりの時間をかけて芝刈をされていたそうです。それが今日は、2時間もかからずに作業を終えることができました。さすが、乗用芝刈機です!!

【雨が降りません!】

DSC_1373.JPG 日時:6月14日(水)
場所:熊本市
「コメント」
梅雨入りをしたはずなのに、全く雨が降りません。そのためせっかく芝生の苗を植え付けたグラウンドも、カラカラの状態です。毎日トラックに井戸水を積み込み、朝夕水かけをしていただいています。頭が下がる思いです。来週には、梅雨空が戻ってくるという予報を信じたいと思います。

【芝生の植え付けを行いました】

DSC_1365.JPG 日時:6月11日(日)
場所:熊本市
「コメント」
心配していた雨も上がり、予定どおり富合グラウンドに芝生の苗を植えつけました。この日は、富合地区自治協議会の呼びかけで、住民の方がボランティアとして最終的に400名以上も参加していただきました。皆さん慣れた手つきで、4万株を2時間もかからずに植えることができました。
3ヶ月後には、緑いっぱいの地域に開かれたコミュニティー広場が完成することと思います。

【芝生の移送・植え付け準備を行いました】

DSC_1361.JPG 日時:6月10日(土)
場所:熊本市
「コメント」
明日11日の植え付けを前に、午後から準備を行いました。まずは、グラウンド(約1万平方メートル)に、1メートル間隔で格子状に線を引いていきました。練習を終えた子どもたちも、石灰で印をつけるなど、しっかり手伝ってくれました。作業の後半では、熊本市で育てていた芝生の苗25000株が運び込まれ、これで準備万端です。

【芝生の移送を行いました】

DSC_1348.JPG 日時:6月8日(木)
場所:熊本市
「コメント」
4月から大切に育ててきた芝生の苗1000ケース(25000株)のうち600ケースを、熊本市サッカー協会・サッカーチムの協力を得て、富合グラウンドに移送しました。3日後には、この広いグラウンドに植え付け作業を行います。とても楽しみです。

【JFAグリーンプロジェクトに参加しました】

DSC_0582.JPG 日時:6月3日(土)
場所:苓北町
「コメント」
今後の参考にさせてもらうため、苓北町で行われたJFAグリーンプロジェクトに参加しました。麟泉運動公園に200名以上のボランティアの方が集まり、JFAから提供されたティフトン芝の苗を植えていきました。かなり石の多いグラウンドだったのですが、今後どのようにグリーンに変わっていくのか楽しみです。

【やっと生長スイッチが入りました】

DSC_1328.JPG 日時:5月29日(月)
場所:菊池市
「コメント」
最近は、朝・夜の気温がそれほど下がらなくなり、昼間も30℃を超える気温になってきたため、やっと生長のスイッチが入ったようです。ポットのふちが見えなくなるくらいに、生長してきました。おまけに、雑草の伸び方もすごいです。一本一本丁寧に除草作業をしています。とても大変です。

【なかなか生長スイッチが入りません】

DSC_1323.JPG 日時:5月22日(月)
場所:菊池市
「コメント」
5月6日に発芽した芝生の生長スイッチが、なかなか入りません。昼間は暑いくらいなのですが、朝・夜の気温が低いせいでしょうか?まだまだ不揃いの状態が続いています。6月には移植を予定しているのに、とても心配です。

【やっと芽が出ました】


DSC_1093.JPG 日時:5月6日(土)
場所:菊池市
「コメント」
最初のポットに種まきをしてから約2週間。やっと芝生(バミューダグラス)が芽を出してくれました。今年は、4月下旬から5月の上旬に、朝・夜気温の低い日々が続き、そのため発芽が遅れたのだと思います。これから日中気温がどんどん上がれば、生長も早くなっていくと思います。

【芝刈機が届きました】

DSC_0008.JPG 日時:5月2日(火)
場所:菊池市
「コメント」
今年度、県サッカー協会で導入した乗用芝刈機(草刈り機)が、届きました。早速試乗をしましたが、なかなかの乗り心地です。早くこの芝刈機が、グラウンドで活躍する日が来ればと思います。

【土入れ・種まきも大変です】


DSC_1087.JPG 日時:5月1日(月)
場所:菊池市
「コメント」
簡単に考えていたポットへの土入れ・バミューダグラスの種まきですが、予想以上に大変でした。途中で土が足りなくなり、急遽、山の畑へ土を取りに行ったほどでした。
結局1000ケース(25,000ポット)を作り終えるのに、1週間かかってしまいました。いつ芽を出してくれるか楽しみです。

【苗づくり作業開始】


DSC_1076.JPG 日時:4月24日(月)
場所:菊池市
「コメント」
今年度、新規事業として、「熊本グリーンプロジェクト」が始まりました。今後この事業のようすを、タイムリーにお知らせしていこうと思います。
初日の今日は、芝生の苗を育成する連結ポットに、土を入れていきました。自宅で1,000ケース、熊本市で1,000ケース、合計50,000株の苗を育成します。5月末には苗が出来上がり、グラウンドに植え付ける予定です。
この取り組みが熊本県下全域に広がり、緑の広場・グラウンドが増えていけばと思います。
この事業へのお問い合わせは、熊本県サッカー協会 担当者 宮本までお願いします。