トピックス topics
headline
サイトマップ

【報告】2017 GKクリニック

【宇城】第4回 シュートストップ

DSCN97122.jpg 日時:10月12日(木) 19時30分~21時00分
会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
選手:U-12 15名
指導者:2名 墨屋孝・馬場稔充
「メニュー」
 W-UP スルーパスへの対応
 (スタートポジション・パスを狙う開始姿勢、スローイング)
 TR1  ポジショニングの基礎
 (ボールとの距離に応じた基本姿勢、前後左右のポジショニング)
 TR2  シュートコースに応じたテクニック
 (ローリングダウン、ダイビング)
 TR3  アングルプレーの応用
 (シュート位置に応じた対応)
「コメント」
今回のテーマは、「シュートストップ」です。まずは相手にシュートを打たせないために、GKが広く守るための準備からトレーニングが始まりました。そして、相手にシュートを打たれるときには、距離に応じて基本姿勢が変わることを確認しました。参加した選手は、ボールとの距離に応じて構えが変わることを知っていましたが、実際の流れの中で確実にできる選手は少ないと感じました。次に、シュートに対するポジショニングでは、選手によってニアサイド、ファーサイドを開けてしまう癖があったり、ゴールに下がりすぎてしまいシュートコースが広くボールに触れない原因になっていました。GKが正しいポジションに立てば必ずシュートに触れることを選手と確認し、ローリングダウンやダイビングの足の使い方を学ぶ事でスムーズにシュートへ対応できるようになりました。最後のアングルプレーの応用では、相手のスルーパスからのシュートに対して、ゴールにとどまってシュートに対応するのか、飛び出してボールを奪うのかを判断しながら行いました。
次回は、ボレーキックとスローイングです。GKが攻撃の起点となって効果的にプレーできることを目指します。

【宇城】第3回 ジャンピングキャッチ

DSCN8848.JPG 日時:9月14日(木) 19時20分~21時00分
会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
選手:U-12 21名
指導者:1名 墨屋孝
「メニュー」
 W-UP 3対1
    (基本姿勢・キャッチング・ステッピング)
 TR1  ジャンピングキャッチの基礎
    (空間認知TR、正しいフォーム作り)
 TR2  ゴール正面からのクロス対応
 TR3  ゴール横方向からのクロス対応
(FWなし、FWあり、どこでクロスを奪うか勝負!)
「コメント」
3対1で前回の復習を行いました。「構えるタイミングと基本姿勢をボール状況に合わせて」GKが準備ができているかを確認しました。6月に行ったときよりもオーバーハンドキャッチは向上していましたが、アンダーハンドキャッチでは、手だけでキャッチしているためキャッチミスの原因となっていました。重心を低くすること、ボールを斜め前で捉えることが今後の目標です。
今回のテーマであるクロスでは、正面から来るクロスボール、ゴール横方向から来るクロスボールを想定して行いました。選手たちは、どの位置(高さ)でボールを奪うのか、落下地点を予測してからプレーできるようになりました。正しいフォームでボールを奪うだけでなく、ゴール前の相手にシュートさせないため、クロスをどこで奪うのかにもトライしました。10月のクリニックテーマは、「シュートストップ」です。ゴールを守るために、シュートに対するポジショニング、そして安全確実なプレーを学びます。次回も活気あるトレーニングを目指します。

【宇城】第2回 前回の復習・ブレイクアウェイ

IMG_4655.jpg 日時:7月13日(木) 19時00分~21時00分
会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
選手:U-12 24名
指導者:3名 墨屋孝・澤井元秀・馬場稔充
「メニュー」
 W-UP 4対1(基本姿勢・キャッチング)
    ドッジボール(スローイングで当てる)
 TR1  ローリングダウン・ダイビング
 TR2  1対1のドリブル対応
    (フロントダイビング・ブロッキング)
 GM   1対1で勝負
「コメント」
4対1で前回の復習を行った。「シュートが来る前に、いつでも動ける姿勢で構える。コースの正面に身体を運ぶ。キャッチングの音は1回。キャッチからパスまでを素早く。パスしたらパスコースになる」ための良い習慣を確認しました。次にスローイングでドッジボールを行いました。アンダーアームスローやオーバーアームスローで力強く、狙ったところに投げることができていたので、自チームの試合でも生かしてほしいと思います。
今回のテーマであるブレイクアウェイでは、GKがペナルティーエリアを飛び出した時の対応、ペナルティーエリア内での1対1を想定して行いました。選手たちは、クリアリング、フロントダイビングやブロッキングのテクニックを相手との状況に応じてプレーしていました。今回はボールを奪うだけでなく、自分の身体も守る意識とテクニックは高まりましたが、確実にボールを奪うための動き出しや面を作って奪いに行くことが課題となりました。9月のクリニックテーマは、「クロス」です。ボールを使った遊びの中で空間認知やジャンピングキャッチの習得を目指します。次回も元気のある選手たちが参加してくれるのが楽しみです。

【熊本】第2回 ローリングダウン・アングルプレー

「メニュー」
 W-UP グリッドトレーニング
    (オーバーハンド、アンダーハンド、ローリングダウン)
 TR1  アングルシュートストップ
    (3箇所からのシュートストップ)
 TR2 トランポリンヲ使ったシュートストップ
 GM  3対3+F+2GK
日時:6月15日(木) 19時00分~21時00分
会場:熊本県民総合運動公園スポーツ広場
選手:U-18 1名・U-15 19名
指導者:5名 南弘一、鐘ヶ江康裕、中村嘉昭
       宮本朋樹、矢野孝幸
「コメント」
今回はローリングダウンとアングルについてトレーニングを行いました。TR1では、3箇所からのシュートストップに備えるための良いポジショニングを確認しました。TR2では、ゴールエリヤ角付近からからボールをゴールエリヤラインとPKマークの間に投げ、トランポリンでのシュートを行いました。GMでは、前回同様、FPは積極的にシュートを狙うこと意識し、GKはボールに対して素早く正対して構えることを意識してトレーニングを行いました。

【宇城】第1回 ボールフィーリング・基本的なテクニック

s_DSC_2747.jpg 日時:6月8日(木) 19時00分~21時00分
会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
選手:U-12 20名
指導者:6名 墨屋孝・南弘一・澤井元秀・馬場稔充
       宮川真一・松下涼太

「メニュー」
 W-UP 鬼ごっこ・ボールフィーリング
 TR1  ハンドリング・基本姿勢
 TR2  4対1(3対1)
 TR3  スローイングでボール当て
「コメント」
今年度1回目の宇城GKクリニックを開催する事ができた。今年度から小学生のみとなったが、20名の選手たちはとても元気が良く、活気あるトレーニングを行う事ができた。トレーニングは、ボールを扱う身体の使い方を向上させる事を中心に、楽しいだけでなく、反復回数が多い中でGKの基本的なテクニックを体験することも目的に行った。基本姿勢では、右にも左にも、前にも上にも動ける姿勢を見つける事。1回でキャッチングするためのポイントを知る事。スローイングでは、狙ったところに強いパスが出せるよう、ゲーム感覚で何回もトライし、安定したフォームを意識する事ができた。今回行ったテクニックを1ヶ月後のクリニックまでに向上させておくことが選手たちの宿題になる。

【熊本】第1回 基本

0601gk.JPG 日時:6月1日(木) 19時00分~21時00分
会場:熊本県民総合運動公園スポーツ広場
選手:U-15 21名 U-12 30名
指導者:3名 南弘一、鐘ヶ江康裕、宮本朋樹

「メニュー:U-15」
 W-UP ボールファミリア
 TR1  ステップ → 正面のキャッチ
    (オーバーハンドキャッチ、アンダーハンドキャッチ)
 TR2  ローリングダウン(座った状態、膝立ち、スタンディング)
 GM   4対4+GK
「コメント」
今年度初めてのGKクリニックということで、中学生年代も正面のキャッチとローリングダウンを丁寧に行いました。TR1では、ステップからきちんとボールに対して構えること。TR2では、プレーの方向と素早く起き上がること。GMでは、FPは積極的にシュートを狙うこと、GKはボールに対して正対して構えることを意識してトレーニングを行いました。

【RKK】GKクリニックが放送されました

関連する記事