トピックス topics
headline
サイトマップ

【報告】2018 GKクリニック

本年度も熊本コース宇城コースの2コースを行い、より多くの地域の子ども達に参加してもらえるよう開催していきます。参加希望の方は下記フォームからお申込みください。

  • GKクリニック申込みフォーム

  • 【宇城】第2回 ローリングダウン、ダイビング

    IMG_1414.JPG 日時:7月12日(木) 19時30分~21時00分
    会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
    選手:U-12 16名
    指導者:3名 墨屋孝、原利洋、澤井元秀

    「メニュー」
     W-UP パス&キャッチング(前回復習)
     TR1  ローリングダウン・ダイビング
     TR2  フロントダイビング
     TR3  ゴール前の1対GK
    「コメント」
    今回のテーマは、ローリングダウンとダイビングです。これは、GKがボールの正面に身体を運ぶことが出来ないときに使うテクニックです。特に気をつけたいポイントは、シュートを打たれる前の良い準備、正しい初動とプレーの方向、安全確実なプレーと着地です。GKがゴールを守るために正確なフォームを身に付けることで、恐怖心や怪我などを未然に防ぐことも重要です。 W-UPでは、前回の復習として、動きながらのパス&キャッチングを行いました。スローイング、キャッチングを動きながら正確にプレーする意識が向上している選手が多く見られました。しかし、依然としてテクニックの左右差があるため、日常から利き手、利き足だけでなく左右バランスよくプレーすることが必要なことを伝えました。TR1では、ローリングダウンとダイビングの繋がりを確認しながら段階的に積み上げました。あくまでも倒れることが目的ではなく、ボールを1回で奪うための身体の使い方、そしてシュートされたボールが更に遠くなった時にはダイビングに繋げることできることを体験しました。TR2では、ローリングダウン、ダイビングのテクニックを生かして、フロントダイビングの導入を行いました。TR3は、ゴール前での1対GKです。まず、相手FWがドリブル突破の際にコントロールが大きくなった状況では、GKはどのように奪うのか、状況に応じた開始姿勢も含めて行いました。次に、相手FWがシュートを選択した時の対応も行いました。相手のボール保持状況に応じて、GKの準備が変わることをゲーム感覚で体験できたと思います。ゴールを守りながらも、相手がシュートに至る前にボールを奪うことの大切さ、そのための状況把握と狙いをもった準備にこだわる意識が高まったので、今後も継続して欲しいと思います。次回のGKクリニックは9月の開催です。夏休みは、選手たちが多くの挑戦をする中で失敗しても何度も立ち上がり、心も強く成長した姿で再会できることを楽しみにしています。

    【熊本】第3回 正面キャッチ

    日時:7月5日(木) 19時00分~21時00分
    会場:熊本県民総合運動公園スポーツ広場
    選手:53名(U-15・22名 U-12・31名)
    指導者:6名 南弘一、村上明、中村嘉昭、黒木翔平
           鐘ヶ江康裕、宮本朋輝

    「メニュー」
     W-UP ボールファミリア
     TR1  正面キャッチ(サイド・クロスステップ)
     TR2  アングルプレー
     GM   5対5+GK
    「コメント」
    TR1では、3人1組でステップを入れてから正面キャッチのトレーニングを行いました。移動する際に距離に応じて、サイドステップで移動するかクロスステップで移動するか判断して行いました。また、移動する際にどこを見て移動して、移動後のポジショニングの決定の仕方についても考えて行いました。TR2のアングルプレーでは、①中央②右側③左側、①中央②左側③右側の順にシュートを打ちました。今回は、TR1で意識したように、ステップするときの移動方法と、移動の際の目線について意識して行いました。GMでは、FPは積極的にシュートを狙うこと、GKはボールに対して素早く移動できるように意識し、ボールとゴールの中心を結んだ線上に常に立つことを意識して行いました。ボールが遠くにあるときに、正しいポジションが取れない選手が多くいました。常に意識して良いポジションが取れるようにトレーニングを行ってください。

    【熊本】第2回 構え・ローリングダウン

    日時:6月21日(木) 19時00分~21時00分
    会場:熊本県民総合運動公園スポーツ広場
    選手:U-15・11名
    指導者:3名 中村嘉昭、黒木翔平、鐘ヶ江康裕

    「メニュー」
     W-UP ボールファミリア
     TR1  正面キャッチ、ローリングダウン
     TR2  アングルプレー
     GM   4対4+GK
     PK  PK対決
    「コメント」
    第3木曜日のGKクリニックは中高生年へのトレーニングを行いました。今回はボールを奪うための構えとローリングダウンについてのトレーニングを実施しました。TR1では、3人1組で①オーバー②アンダー③グラウンダーの正面キャッチと①浮き玉②グラウンダーのローリングダウンを行いました。前に3mほど出てきて、構えてキャッチをするトレーニングで、構えて、キャッチするまでの間で後ろに重心がいかないよう心がけました。TR2のアングルプレーでは、①中央②右側③左側から順番にシュートを打ちました。今回は、TR1で意識したように、移動後の重心の位置を前にすること、それからボールとゴールを結んだ線上、さらにシュートコースを狭めるためにポジショニングの高さにも意識をして行いました。GMでは、FPは積極的にシュートを狙うこと、GKはボールに対して正対し、ポジショニングを意識して構えてトレーニングを行いました。最後は中体連前ということもあったので、PK戦のトレーニングについても行いました。ルールも厳しくなったので、どのようにボールに対してチャレンジすると良いかみんなでしっかり考えることができました。

    【宇城】第1回 基本テクニック

    GK20180614.JPG 日時:6月14日(木) 19時30分~21時00分
    会場:宇城市立ふれあいスポーツセンター
    選手:U-12 11名
    指導者:3名 墨屋孝、南弘一、原利洋

    「メニュー」
     W-UP コーディネーション
     TR1.2 動きながらのテクニック1.2
     TR3  基本姿勢とキャッチング
     TR4  シュート対決
    「コメント」
    今年度も熊本県サッカー協会のご協力で、宇城GKクリニックが開催できたことを嬉しく思います。今回のテーマは、色々な動きを通して運動能力を高めること、そしてGK固有のテクニックの中でも、スローイング、基本姿勢、キャッチングを行いました。 W-UPでは、ボールを手で扱いながら色々な動きに挑戦しました。また、柔軟性を高める動きも取り組みましたが、体が固い選手が多いと感じました。バスケットドリブルをしながらのボール出しゲームでは、手でボールを扱いながら仲間の動きを観て、奪うチャンスがいつなのか判断することを要求しました。 TR1では、動きながらのパス&キャッチングを行いました。アンダーアームスローイングの基本テクニックを学び、パスの質が向上していくとキャッチングのテクニックも必要です。アンダーハンドキャッチングの手の形、ボールを捉える位置と姿勢、ボールを奪うと同時に攻撃への準備を始めるように要求しました。 TR2では、オーバーアームスローイング、バウンドしたボールのキャッチングです。オーバーアームスローイングでは、体の回転を使いながら、全身で投げることで力強いパスが出せるようになりました。バウンドしたボールのキャッチングでは、捉える位置も良くなり、腕を閉じるタイミングも向上できたので1回で確実に奪う選手が多く見られました。TR3では、基本姿勢とオーバーハンドキャッチを行いました。ただ構えるだけでなく、いつでも、何処へでも動ける構えとタイミングを探し、1回でボールを奪うためのテクニックをゲーム感覚で体験できたと思います。TR4では、シュート対決を通して、今日の総復習を行いました。相手のドリブルからのシュートに対して、良い基本姿勢とタイミングから素早く動き出せていました。できるだけ倒れず、足を運んでボールのコースに体を運ぶ場面が観られたこと、そのプレーにこだわる意識が高まったので、今後も継続して欲しいと思います。次回は、ステッピングとローリングダウン、ダイビングです。今回は熊本市や天草市からも参加してくれました。1ヶ月後の成長した姿を、ぜひ見せてほしいです。

    【熊本】第1回 正面キャッチ

    日時:6月7日(木) 19時00分~21時00分
    会場:熊本県民総合運動公園スポーツ広場
    選手:48名(U-15・20名 U-12・28名)
    指導者:3名 南弘一、黒木翔平、鐘ヶ江康裕

    「メニュー」
     W-UP ボールファミリア
     TR1  4対1(ボール回し)
     TR2  正面キャッチ
     GM  4対4+GK
    「コメント」
    今年度初めてのGKクリニックということで、中学生年代では、正面のキャッチを意識したトレーニングを行いました。TR1では、条件付きのボール回しを行いました。ボールを動かすエリアを①腰より上、頭より下の範囲、②膝より上、腰より下の範囲、③グラウンダーのパスのみ。という設定にし、ボール状況に応じて姿勢の高さが変わることを意識しながら行いました。TR2では、①手投げ②持ち蹴り③ボールを置いてシュートの3パターンで正面キャッチを行いました。特に、ボールをキャッチする前の姿勢、構えるタイミングとボールキャッチする際に前でボールをキャッチすること、上体を仰け反らせないことを意識しながら行いました。GMでは、FPは積極的にシュートを狙うこと、GKはボールに対して正対して構えることを意識して行いました。みんなで声をかけながら楽しくも真剣にトレーニングに取り組めたことがとてもよかったと思います。今年度も多くのGKに参加していただけたらと思います。

    関連する記事