熊本県サッカー協会【KFA】

about

headline

サイトマップ

定款・基本構想・組織

定款

熊本県サッカー協会定款

基本構想

2002年4月、熊本県サッカー協会は「基本構想」を決定し、向かうべき目標と到達点を明らかにしました。その後、当協会の法人化、日本サッカー協会の「2005年宣言」、ロッソ熊本の誕生がありました。これまでの活動の成果と進展を踏まえ、大きな環境の変化にも的確に対応するため、2007年4月1 日、改訂しました。更なる熊本のサッカー発展に積極的に取り組んで参ります。

1 基本理念
サッカーを通して豊かなスポーツ文化の振興に寄与し、人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

2 基本目標
夢のあるあなたが主役の熊本サッカー

3 基本方針
する人が楽しめるサッカー
見る人が感動できるサッカー
支える人が喜べるサッカー

4 基本計画
(1) 競技力向上
ア)現在のトレセン活動を一層推進し、個々の技術力の向上を図り、選手層を厚くするために、各年代毎の連携と強化を継続的に行います。
イ)全国トップレベルで活動できるチームの育成を支援するとともに、国際的に活動できる選手の輩出に努めます。
ウ)各年代における競技人口の割合増加に努め、安定した競技力向上の基盤確保を図ります。

(2) 人材育成
1 指導者の育成と活用
ア)公認指導者の増加を図ると共に、指導者の組織を強化・支援し、指導体制の一層の充実を図ります。
イ)学校、地域及びクラブチーム等との連携を図り、指導者の活用と交流等について支援できる体制を構築します。
ウ)女子の指導者育成を積極的に支援します。

2 審判員の育成
ア)審判員育成活動を一層推進し、1級・2級・3級・4級審判員の増加を図ります。
イ)審判員アセッサーやインストラクターの増加に努め、審判員の技術向上を図ります。

3 運営スタッフの育成と確保
ア)協会活動の一層の充実発展を期すため、事業の企画及び実施に関わる人材の育成を図ります。
イ)サッカーボランティアの輪を広げると共に組織化を図り、各種大会やイベント運営のサポートを充実させます。

(3) 生涯スポーツの促進と地域との連携
1 生涯スポーツと少子高齢化社会への対応
ア)サッカーファミリーの拡大を図り、熊本サッカーを確立します。
イ)シニア層の活動の場を広げ、地域に密着した生涯スポーツを支援します。
ウ)キッズや少年・少女及び女性層への普及と育成を進め、交流の輪を広げます。
エ)フットサルの普及推進を図り、サッカー愛好者の増加に努めます。

2 地域スポーツ文化発展への対応
ア)郡市町村協会との連携を強化します。
イ)ロアッソ熊本を支援します。
ウ)他スポーツ団体との連携強調を進めます。
エ)社会貢献活動を推進します。

(4) 環境整備
1 財政基盤の充実
新たな財源確保と予算の効率的運用を図ります。

2 フットボールセンターの建設
サッカー発展のシンボルとなる施設を建設し、よりよい環境の充実を目指します。

3 地方自治体等との連携及び公共施設の活用
ア)公共施設の整備と有効活用及び事業活動の推進を図るため、自治体等との連携を深めます。
イ)県内自治体の指定管理者制度を活用します。

4 メディカルサポート体制の構築
医事関係機関との連携を図り、医学的支援体制の確立を目指します。

5 広報体制の充実とITを活用した諸システムの構築
ホームページを有効活用し、多様でタイムリーな情報を提供します。

組織

sosikizu.jpg

役員

平成29年度役員名簿 29_yakuin.jpg

事業計画

平成29年度事業計画
平成28年度事業計画
平成27年度事業計画
平成26年度事業計画
平成25年度事業計画
平成24年度事業計画
平成23年度事業計画
平成22年度事業計画

事業報告

平成28年度事業報告
平成27年度事業報告
平成26年度事業報告
平成25年度事業報告
平成24年度事業報告
平成23年度事業報告
平成22年度事業報告
平成21年度事業報告

収支予算書

平成29年度収支予算書
平成28年度収支予算書
平成27年度収支予算書
平成26年度収支予算書
平成25年度収支予算書
平成24年度収支予算書
平成23年度収支予算書
平成22年度収支予算書

収支報告書

平成28年度収支報告書
平成27年度収支報告書
平成26年度収支報告書
平成25年度収支報告書
平成24年度収支報告書
平成23年度収支報告書
平成22年度収支報告書
平成21年度収支報告書

会長ブログ

一覧