大会・試合

match
headline
サイトマップ
2018年度

NHK杯 KFA 第22回熊本県サッカー選手権大会 (天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会熊本県代表決定戦)

開催期間 2018/04/22~2018/05/13
会場 熊本県民総合公園補助競技場、スポーツ広場
関連ファイル 大会要項
組合せ
最終結果
結果 優勝:東海大学熊本
準優勝:熊本県教員蹴友団

熊本県代表は東海大学熊本に決定(5/15掲載)

NHK杯 KFA 第22回熊本県サッカー選手権大会の決勝戦が熊本県民総合運動公園補助競技場で行われ、昨年と同カードとなる勝ち上がりで、前年度優勝の熊本県教員蹴友団に東海大学熊本が雪辱を果たした。
雨の中のスリッピーな条件ではあったが、教員団は前半15分、17番堤選手が右足シュートで先制、27分にはフリーキックをキーパーがはじき、13番大塚選手がしっかり詰めて右足を振り抜き2点を先制した。一方で東海大も前半残り僅かで20番軸屋選手が右足で1点をもぎ取り、反撃ののろしを上げると、後半に入り9番藤田選手のヘディングシュートで追い付き、両チーム互いにチャンスはあるが得点には結び付かず、2対2のまま延長へ突入。
延長戦に入り前半3分に東海大は左からの折り返しを10番小田選手が右足で決勝点を上げ、そのまま後半もスコア―が動かず試合終了。接戦に終止譜がうたれた。
優勝した東海大学熊本は、5月26日(土)香川県代表の多度津フットボールクラブと香川県営サッカー場で行われる天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会へ熊本県代表として出場する。

IMG_5008.JPG
(教員団チームのスタメン)

IMG_5011.JPG
(東海大のスタメン)

IMG_5014.JPG
(試合前のコイントスで両チームキャプテンがお互いを称える)

IMG_5029.JPG
(教員団17番堤選手のゴールが決まり、祝福するチームメイト)

IMG_5043.JPG
(表彰式の様子。優勝杯を渡す今田専務理事)

IMG_5048.JPG
(主催者挨拶で天皇杯決勝大会で東海大学熊本の活躍に期待をこめる北岡副会長。中央は、NHK熊本山下局長と共同通信熊本平塚支局長)

決勝は熊本県教員蹴友団と東海大学熊本が対戦(4/25掲載)

NHK杯 KFA 第22回熊本県サッカー選手権大会が4月22日県民総合運動公園スポーツ広場で行われ、準決勝1試合目は熊本県教員蹴友団が大学代表の熊本大学体育会を前半3対0、後半1対0、計4対0で圧勝を飾り、九州リーグ加盟チームとしての貫禄をみせた。
18_NHK_1.JPG
(熊本県教員蹴友団)
18_NHK_2.jpg
(熊本大学体育会)
準決勝2試合目は、九州大学リーグ(1部)の東海大学熊本が熊本県リーグ(1部)昨年の覇者の嘉島サッカークラブを前半4対0、後半5対0、計9対0で大勝する結果となった。
18_NHK_3.JPG
(東海大学熊本)
18_NHK_4.jpg
(嘉島サッカークラブ)
5月13日(日)13:00より県総合運動公園補助競技場での決勝戦は、昨年と同カードとなり、昨年は教員団が接戦をものに優勝し、熊本県代表として天皇杯へ出場を果たしている。
なお、決勝の模様はNHK熊本で生放送で行われる。

会長ブログ

一覧