トピックス topics
headline
サイトマップ

【天皇杯1回戦】熊本県代表・熊本県教員蹴友団が健闘むなしく初戦敗退

第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会の1回戦が7月6日(日)大津町運動公園球技場で行われ、熊本県教員蹴友団がJ3のFC琉球と対戦、格上相手に0対2の敗戦ではあったが大雨にもかからわず、多くの応援を背に見ごたえある戦いを演じた。

IMG_2828.JPG
(大雨の中、キッズエスコート(アッズリーノ熊本)との記念撮影)

試合は、前半より琉球ペースで進むものの決定的なシュートまでには至らず、何とか前半をスコアレスドローで終える。
後半に入り、教員団はカウンターぎみで攻め込まれ、左サイドから中央の琉球・藤沢選手へフリーでボールが入り、うまく右足でゴールへ流し込み先制を許す。
教員団も途中出場の大塚選手の気迫あるドリブルシュートなどチャンスはあったが、終了間際に富所選手に決められそのままタイムアップとなった。
IMG_7552.JPG
IMG_7579.JPG

敗戦はしたものの、J3の相手と大きなひけをとらないゲーム内容は次年大会への意欲と来月初旬に開催される、九州社会人大会への自信へと繋がる気迫を感じられた。

IMG_2855.JPG
(記者会見で地元メディアに対し、敗戦ではあったが試合内容に一定の評価を説明する熊本県教員蹴友団・小薗監督)

関連する記事