本文へ移動する
footballcenterフットボールセンター

応援コメント

寄付・ファンドの方法ついてはこちら

熊本県出身プロサッカー選手応援コメント
kurokikyouhei.jpg

私の故郷である熊本県にフットボールセンターが建設を予定されていること、とても嬉しく思います。私自身、幼少期から様々なチームでサッカーをさせていただいた中で、環境の大事さは本当に身に染みて感じていました。熊本県の未来ある子どもたちの中から、日本を代表するサッカー選手が生まれるためにも、より良い環境を熊本県の子どもたちに提供できることを願っています。センター建設のための寄付に、ぜひご協力をお願いいたします。

黒木恭平選手(京都サンガF.C.)

etoumikiya.jpg

私の故郷である、熊本県のサッカー協会がフットボールセンター建設を進めています。 幼い時に自分自身もボールを蹴れる環境が必要なのは、身を持って経験しています。
そして、そういった整った環境がプロ選手を生み出していくと思います。
熊本県のサッカーレベルの向上、また子供達の素晴らしい未来のためにも、皆さんのご協力よろしくお願いします!

衛藤幹弥選手(鹿児島ユナイテッドFC)

熊本県サッカー協会が、嘉島町にフットボールセンターの建設を進めています!
私は大津町出身なのですが、幼い頃にスポーツの森大津が出来たことで、身近にサッカーに触れる機会がすごく多かったことを覚えています。 国体選手の試合を間近で観たり、横浜F・マリノスがキャンプをして中村俊輔選手のフリーキックを生で観てすごく刺激を受けました!
双子の兄とスポーツの森の広場でサッカーをして遊び感覚でトレーニングをしていました。 ジュニア世代からそのような環境が身近にあることで、必ず熊本県全体のサッカーレベルの向上があると思います。
皆様是非ご協力よろしくお願いいたします!

黒木晃平選手(ロアッソ熊本)

fukushimahayato.jpg

僕が生まれ育った熊本で、フットボールセンターの建設を進めています。
環境が全てとは言いませんが、子供たちにとってより良い環境でサッカーをプレーすることは、成長、また怪我の防止に繋がるということは自分自身が身を持って経験してきました。
小さい頃から整った環境でプレーできれば、更にサッカーが上達すことはもちろん、素晴らしい施設がすぐ近くにあれば、地域、県全体の方々がサッカーというスポーツを身近に感じ、さらに熊本のサッカーが盛り上がると信じています。
熊本県からさらにたくさんの子供たちがプロの世界で活躍できるように、僕も育ててくれた熊本県をさらに盛り上げるために、少しでも力になれればと思います。
皆さんのご協力ぜひよろしくお願いします!

福島隼斗選手(福島ユナイテッド)

僕が生まれ育った熊本の県サッカー協会が、フットボールセンター建設を進めています。僕自身、小学校の頃は練習場を転々として、練習以外の面でも大変だったという思いもあります。
そのような中で、ジュニア世代から整った環境で、サッカーに打ち込める場所があることは大事なことだと思いますし、熊本のサッカーのレベルを向上させるためにも必要だと思います。
ぜひ、ご協力をよろしくお願いします!

上村周平選手(ロアッソ熊本)

熊本県サッカー協会が、フットボールセンター建設を進めています。 私自身、幼い頃からサッカーを打ち込む中で環境はとても大事だと感じていました。
練習や試合に集中できる施設や整ったグランドがあることで、現役選手のレベルアップやケガのリスクの軽減、色んな年代の方がサッカーを楽しめる場所になると思います。
熊本県のサッカーレベル向上と地域の皆様がボールを蹴れる環境を作るの為にも、ご協力をお願いします。

河原創選手(ロアッソ熊本)

関係者コメント                             

嘉島町総合運動公園は、良好な運動拠点として町内外の多くの方々にご利用いただいているところですが、サッカー競技による公園利用が多く、既存の公園施設では供給が追い付かない状況が続いておりました。そこで、公園区域を拡張することによるサッカーコートの増設を計画。整備手法についてはコスト削減、より充実した管理運営体制の構築が期待できる形での民間資金の導入による事業展開を検討しておりました。そのような中、一般社団法人熊本県サッカー協会から官民連携事業の提案を受け、公園施設設置管理許可による公園整備事業として、この度事業をスタートすることになりました。
本事業が、町内社会体育の充実や交流人口の増加をはじめとした町の発展や、県内サッカー競技のさらなる盛り上がりに寄与することを期待しております。

嘉島町 町長 荒木泰臣

官民連携事業による「熊本県フットボールセンター(仮称)」の建設は、2015年に田川前会長就任時に表明された当協会の中期目標の一つで、「熊本県を全国で有数のサッカー王国に育てる」と並ぶ、協会の悲願とも言える事業です。しかし、センターは単にサッカーファミリーのためのグラウンドというだけでなく、保育園、カフェ、コワーキングスペースなども併設する複合施設として、近隣住民の方々や他のスポーツも交えたスポーツ文化の発信拠点として整備する計画です。地域にスポーツ文化を根付かせる上でのモデルケースとして、さまざまな世代の交流の場となることを期待しています。

一般社団法人 熊本県サッカー協会 会長 前川隆道

熊本県フットボールセンター(仮称)の運営にあたっては、「持続可能であること」と「スポーツ文化の醸成」というコンセプトを掲げています。幼稚園、カフェ等の収益施設を通じて"稼ぐ"機能を持ち、長期に渡って持続可能な施設を目指します。また、さまざまな世代がスポーツを媒介にして豊かな時間を過ごせる場にし、熊本のスポーツ文化を醸成していきたいと考えています。加えて、立地する嘉島町をはじめとする近隣地域とのつながりも重視。施設利用者だけでなく、協力事業者もできる限り地元企業や個人とパートナーシップを組むことで、地域内で人やお金が循環する仕組みを作ることも目標としています。

株式会社 熊本フットボールセンター 代表取締役 松下涼太

linkリンク

協賛・スポンサーについて