本文へ移動する
footballcenterフットボールセンター

企業主導型保育園

保育目標

KFPpersD210512tass.jpgのサムネイル画像多様な実体験環境の提供によるやさしい心、強い心、たくまし体、自ら生きる力の育成
①ねばり強いこども
②すべてのものに思いやりをもてるこども
③食を大切にするこども

保育園パンフレット

説明会

11月・12月に説明会を予定
*開催詳細が決まり次第、ホームページにてご案内いたします
*下記問い合わせ先まで、事前にご連絡いただければ、決定次第ご案内します

年間行事
1日のスケジュール

インスタQRコード

IMG_1918.jpg

保育園概要

園名 「こすもす保育園」
所在地 熊本県上益城嘉島町下六嘉1536-1 MAP *熊本県フットボールセンター内
事業主体 株式会社熊本フットボールセンター(一般社団法人熊本県サッカー協会100%子会社)
運営法人 社会福祉法人くすの実福祉会
対象園児 保育を必要とする3歳~就学前まで
保育時間

平日・土曜7:00-18:00(1日11時間。それ以上は延長保育)

休日

日曜・祝日・年末年始

定員 30名
保育料 3歳児以上は無償化対象
*給食費等については別途設定いたします。お問合せ時にご確認ください。
職員 園長1名、主管保育教諭1名、保育教諭2名

責任者(園長)

津留貴裕

その他

運営会社となる(株)熊本フットボールセンター代表の松下と、運営を担う社会福祉法人くすの実福祉会理事長の津留のインタビュー記事です。
全国でも例の少ないスポーツ施設と保育施設の併設が生む効果や地域との関わりについて話をしています。
Sportsnavi

「問合せ先」

入園希望及び職員募集についてお問合せは下記までお願いします。
「社会福祉法人くすの実福祉会」
 TEL 096-338-0371
 E-mail kusunomi (at) knf.or.jp ※ (at) は @ に置き換えて下さい.

企業主導型保育園とは

平成28 年度からスタートした「企業がつくる保育園」のことで、従来の「事業所内保育所」を近隣の複数の企業とシェアし、共同利用できる保育園として運営されます。当園は保育無償化対象園です。
保育料金についてはお気軽にお問合せください。

一般的な認可保育園と企業主導型保育園の違いは何ですか?

一般的な認可保育園とは、市が認可した保育園のことを言います。入園に際しては市役所に申請して「保育の必要性」を認定してもらい、入園の決定は市役所が行います。利用料は保護者の前年度の収入によって決まります。企業主導型保育園は、一般的な認可保育園と同じ保育士の人数配置や安全・衛生基準で運営され、市役所への申請が必要なく、入園の決定は保育園が行い、一般的な認可保育園並みの保育料で利用することができます。

企業主導型保育園を利用できる人はどのような人ですか?

共同利用の契約をした企業に勤務の方と、それ以外の企業に勤務の方が利用でき、【企業枠】と【地域枠】に分かれます。国の定めにより【企業枠】のお子様を優先的にお預かりすることになっています。共同利用の契約は無料です。

【企業枠】
  • 当園と共同利用の契約を結んだ、社会保険加入事業所に勤務の方。社会保険未加入のパート社員の方も含みます。
【地域枠】
  • 当園と共同利用の契約を結んでいない企業に勤務の方。
  • 国民健康保険や共済組合保険(公務員など)に加入の方。

※社会保険加入事業所とは、「子ども子育て拠出金」を負担している企業のことです
※入園を希望する時点で、お勤め先の会社が共同の利用契約を結んでいなくても、【企業枠】を希望できます。お申込み確認後、お勤め先のご担当の方へご連絡または訪問させていただき、入園手続きのサポートをいたします。

linkリンク

協賛・スポンサーについて